執筆要領はこちらからご覧ください。投稿のお願い、テンプレート見本(PDF)は以下からご取得ください。

ダウンロード
『役割交換書簡法・ロールレタリング研究』投稿のお願い:2017年5月.pdf
PDFファイル 92.3 KB
ダウンロード
『役割交換書簡法・ロールレタリング研究』執筆要領兼テンプレート.pdf
PDFファイル 299.8 KB

『役割交換書簡法・ロールレタリング研究』投稿規定

 

1)本誌はロールレタリングおよびその関連領域に関する未公刊の原著論文、研究・実践報告、寄稿論文、書評、本学会の諸報告を掲載します。原著論文は独創的な論文とし、論文スタイル(理論的研究、統計的・実証的研究、実践研究、文献研究など)には特に制限を設けません。研究・実践報告は、内容の独創性は原著論文ほど高くなくても、貴重な知見が含まれる論文、報告、総説とします。また、原著論文、研究・実践報告については、内容やスタイルによって編集委員会がさらに分類する場合があります。なお、本規定に準じない原稿は受付をする前にご返却する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 

2)本誌への投稿は役割交換書簡法・ロールレタリング学会会員に限り受け付けます。共同執筆の場合には、第一執筆者が会員である場合は受け付けます。ただし、理事会もしくは編集委員会の決定により、会員外の著者に投稿を依頼することができます。掲載の採否、掲載順などは、編集委員会が決定します。また、編集方針により、加筆修正をお願いすることがあります。

 

3)原稿とその作成段階においては、文部科学省・厚生労働省「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」ならびに「公益社団法人日本心理学会倫理規程」を参考にし,倫理面に十分に配慮していることが求められます。

 

4)原稿の執筆者全員は,投稿論文内容に関して利益相反のある金銭上あるいは私的な関係すべてを明らかにする必要があります。申告すべき内容がある場合には、論文の末尾に××は○○株式会社から資金援助を受けている(社員である・顧問である)のように記載してください。

 

5)原稿は和文または英文で役割交換書簡法・ロールレタリング学会のホームページからダウンロードできるテンプレートを使用してワープロ(Microsoft wordが望ましい)作成すること。作成した原稿はメールに添付して編集委員会論文受付係に提出してください。分量はA 4判(40字×40行)で11枚以内(図表、写真を含む)を原則とします。また図表、写真などで製版、用紙、印刷に特別の費用を要するときは,実費を投稿者の負担とします。

 

6)引用(参考)文献は本文の終りにまとめて番号をつけ,これを本文中に引用するときは,1)・2)のようにして下さい。文献は必要な最小限度とし,著者名,題名,誌名,巻数頁(初めと終わり),発行年次,単行本のときは著者名,書名,発行所名,発行地(外国のみ),発行年次を記載して下さい。雑誌名の記載に際しては,和・欧いずれの場合でも,略さず正式名を用いて下さい。

 

7)原則として一度、著者校正を行いますが、急を要する場合、編集委員会の責任で行うことがあります。

 

8)掲載原稿の別刷は,30部まで無料にて進呈します。

 

9)本誌に掲載された著作物の著作権は,役割交換書簡法・ロールレタリング学会に帰属します。原稿執筆にあたっては他人の著作権の侵害、名誉毀損、その他の問題を生じないよう十分に配慮してください。

 

10)原稿の送付先:

 『役割交換書簡法・ロールレタリング研究』編集委員会論文受付係

 〒420-0911 静岡県静岡市葵区瀬名1-22-1

  常葉大学教育学部 心理教育学科静岡キャンパス/瀬名校舎 佐瀬研究室