役割交換書簡法・ロールレタリングとは

役割交換書簡法・ロールレタリングは、複数の立場や視点の間で交わされるメッセージを書記的に表現する心理療法(心理教育方法)」です。この技法は1983年に人吉農芸学院で生まれました。今や矯正教育の領域のみならず、臨床心理学的な援助方法として、医療、福祉、教育、対人援助職のトレーニングなどに幅広く使われています。この技法を通して、自己と他者の対話(例えば「私から母へ、母から私へ」など)を取り扱うこともあり、自己のある側面と別の側面の内的な対話(「現在の自分と10年後の自分」など)を取り扱うこともあります。その対象、方法、進め方に多くのバリエーションがある技法です。


入会、会則や投稿規定の確認、お支払い、お問い合わせなどは、左上の横棒のマークよりお入りください。


お知らせ

  • NEW! 本学会の第3回研修会「ロールレタリング体験型勉強会」を2019年3月2日(土)13:00〜18:00に福岡市にて行います。基本的な質問や体験ができ、交流ができる初心者向けの研修会です。臨床や教育の現場から離れている方も奮ってお申し込みください。詳細と参加申し込みは、こちらからお願いいたします(2018.12.10)。
  • 第3回大会は、今夏の暑さにも負けないぐらい盛況のうちに終わることができました。次年度の第4回大会については、2019年8月3日(土)~4日(日)の日程で、関西地方で開催することを予定しております。また、第3回研修会についても、2019年3月上旬に福岡において開催する予定でおります。大会・研修会ともに、会場等が決まり次第、学会サイトを更新しますので、随時、サイトの確認をお願いいたします。(2018.8.5)
  • 第2回研修会も無事終えることができました。さて、第3回大会の日程と場所が決定しました。2018年8月4日(土)~5日(日)、静岡県常葉大学静岡キャンパス瀬名校舎および静岡駅直結の会議室にて開催します。参加申し込みと発表申込については,第3回大会2018.8 IN静岡(こちら)でご確認の上,奮ってご参加ください。(2018.6.3)プログラムはこちらからご確認ください(2018.7.30)。
  • 本会の学会誌『役割交換書簡法・ロールレタリング研究 第1巻 2018年』が刊行されましたので,ご報告いたします。また,杉田峰康先生(福岡県立大学名誉教授),松岡洋一先生(岡山大学名誉教授)の両先生を,本会の顧問にお迎えしましたことを,あわせてご報告いたします。(2018.4.13)

※過去の「お知らせ」はこちら